• 大東、四條畷、生駒の事業者さまの経営と労務を広く支援しています。

    支援室の開設にあたって

    社員が明るく健康に日々同僚やお客さまに感謝し良い仕事を続ける。

    社員が働くの中で能力を高め、豊かで充実した人生を過ごす。

    社員の幸せとともに会社の業績も向上する。

    地域の経営者の方とともに健康で健全な会社経営の実現に取り組んで参りたい。

    そのような理念のもと、地域の事業主さまの経営と労務を広く支援して参ります。

    日々研鑽に取り組み、中小企業診断士、社会保険労務士として、経営と労務についての専門性を常に高め続けております。

    地域の事業主さまとともに経営に取り組むために2017年5月3日に本支援室を開設いたしました。

    皆さま、明るく健康な経営をともに実現してまいりましょう。

    名称わかば健康健全経営労務支援室
    支援者羽佐田和之 はさだかずゆき
    支援者略歴中央大学 法学部法律学科卒業
    中小企業診断士 経済産業大臣登録 414413号
    社会保険労務士 27170121号
    2級ファイナンシャル・プランニング技能士 第二F2-0-17−218840号
    1級FP技能士試験 学科合格 2019年1月受験
    連絡先070−3359−2382
    (平日の日中は留守番電話のことが多いかと思います。
    メッセージをいただきましたら、私から折り返し連絡いたします。)
    e-mail :kazu.hasada@gmail.com

    略歴

    大学卒業後、福祉機器(義肢装具・リハビリ機器の専門商社に就職
    東京営業所に営業マンとして配属
    30歳:大阪本社に転勤
    輸入製品の拡販、新規事業企画とその運営管理に従事
    海外製品の技術教育担当者通訳として全国での研修活動実施
    40歳:取締役就任、新規事業開発、経営全般に従事
    2002年:自社製品のアジア向の輸出事業に着手
    近年は中国で製品普及に注力
    2012年:関東方面事業の担当役員に就任(大阪本社事業開発担当役員と兼務)
    関東方面の事業再編に従事
    東京本社工場を開設
    2017年:企業内社労士として働き方改革への取り組みを開始
    取り組みの一環として本支援室を兼業にて開設