• 社会保険や労務管理についての専門性と英語力を生かし        中小企業診断士として生駒市や大東市の経営者の方を支援します。

    産業医と安全で衛生的な職場づくり

    2019年度を目処に産業医の権限強化が実施されるとのことです。 全ての業種で50名以上の労働者を常時する事業者には 産業医の先生の選任が義務付けられています。 選任は条件を満たす事業所の開設や社員数増 …

    続きを読む


    労働災害の最新統計と安全衛生推進体制の有効性

    昨年度の労働災害についての統計が発表されています。 死亡に至る労働災害は前年比4.5%減少しており、 現場の安全推進活動が効果をもたらしているとされています。 一方、死傷災害では 社会福祉施設が9.0 …

    続きを読む


    障害者雇用の最近の統計資料

    2016年度の障害者雇用についての統計データが発表になっています。 働く障害者数や就職状況、法定雇用率達成状況などをまとめました。 法定雇用率は現在2.0%ですので、1人÷2.0%=50人以上の企業で …

    続きを読む


    中小企業の人手不足への対応、魅力的な働き方の整備

    アルバイトやパートを探す主婦や中高年者の割合が高まっているとのことです。 人手不足がその根本にあり 雇用する側である企業が例えば主婦が働きやすくするために 時間を短く区切るなど採用条件をより柔軟で多様 …

    続きを読む


    高額薬品、ジェネリック薬品、薬価算定

    病院で診療を受けると、お医者さまからお薬の処方箋をいただきます。 処方箋を持って調剤薬局に伺いお薬を購入しその代金を支払います。 このように処方箋が必要なお薬のことを医療用医薬品と呼び、 その価格は国 …

    続きを読む


    介護保険3割負担、総報酬割り 応益負担と応能負担

    毎日新聞 5月26日の記事より 介護保険を利用してサービスを受給する場合 受給者の負担は原則1割とされています。 ただ、高齢者の増加に伴う受給者の増加に対応するために 2015年8月から一定額以上所得 …

    続きを読む


    女性社員のキャリア継続〜日本経済新聞の記事〜

    2017年5月21日(日) 日本経済新聞より 女性社員のキャリア継続支援の記事が掲載されていました。 ポイントは、 会社本位で本人に選択を迫るのではなく、本人本位で働き方の選択肢を会社が準備すること。 …

    続きを読む


    一人当たり医療費の格差〜日本経済新聞の記事から〜

    2017年5月21日(日)日本経済新聞より 日本経済新聞社の独自調査から市町村ごとの医療費格差が報告されています。 格差: 人口1万人以上では最大2.2倍 総論としての医療費増大の主要因: 高齢者増加 …

    続きを読む


    所定内賃金と総額人件費

    今朝、賃金管理を勉強していて 所定内賃金を昇給した場合にどの程度総額人件費が増大するのかという記述に出会いました。 例えば、所定内賃金を1000円昇給した場合です。 所定内賃金に加え、所定外賃金、賞与 …

    続きを読む


    高額療養費・高額介護合算療養費・医療費控除

    健康保険、後期高齢者医療保険における高額療養費制度のまとめです。 【 70歳未満の個人単位の支給 】 70歳未満の場合は、本人、家族は各自個別に計算します。 病院も個々別々に外来と入院も個々別々に計算 …

    続きを読む