• 四條畷、大東、生駒、地域の週末兼業プロボノ経営コンサルタント

    国民医療費とは医療費全体の中で病院などで保険診療の対象とされる

    傷病の治療に要した費用のことを指します。

    正常な妊娠・分娩や美容整形、人間ドックなどの費用は保険診療の対象とされませんので、

    医療費には含まれますが、国民医療費からは除かれます。

    国民医療費は増加しており2019年度には約44兆4000億円に達しました。

    2025年には約58億円と今後6年あまりで30%増大すると推計されています。

    高齢者人口の増大は国民医療費を増大させる要因とされており、

    実際に65歳以上の高齢者人口は2021年9月推計で3640万人

    総人口に占める割合は29%に達しており、近く30%を超える見通しです。

    特に75歳以上の後期高齢者医療にかかる支出は2019年度約16兆2000億円から

    2025年には約25兆円まで増大するとされています。

    国民医療費全体に占める高貴高齢者医療費割合で見ると、

    2019年の≒37%から2025年≒43%まで急伸することになります。

    医療は社会にとって不可欠なインフラですが、

    医療費費の増大は多くのマイナスを社会全体にもたらします。

    官民で多くの対策が進んでいますが、企業に求められている取り組みの一つが、

    従業員や家族の健康に配慮する健康経営です。

    健康経営は経済産業省が推進している国の施策ですが、

    https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_keiei.html#:~:text=%E3%80%8C%E5%81%A5%E5%BA%B7%E7%B5%8C%E5%96%B6%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81,%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%9C%9F%E5%BE%85%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

    健康経営優良法人認定制度なども運用されており、

    https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

    大企業はもちろんですが、中小企業においてもその取り組みが進んでいます。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA