• 四條畷、大東、生駒、地元の週末兼業経営コンサルタント

    本年2022年1月より、65歳以上の労働者が活用できる制度として、雇用保険マルチジョブホルダー制度が新設施行されています。

    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000136389_00001.html

    条件・特徴など

    1) 複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者

    2) 2つの事業所の労働時間を合計し、1週間の所定労働時間が20時間以上

    3) 2つの事業所の雇用見込みがそれぞれ31日以上

    4) 労働者本人がハローワークに申し出を行い資格を取得すること(資格取得後任意脱退不可)

    5) 労働者から請求があった場合、事業主は手続きに必要な証明を速やかに行う義務

    6) マルチジョブホルダー制度を利用した労働者への不利益扱いの禁止

    7) 事業主に雇用保険料納付義務

    保険給付

    失業時に、高齢者求職者給付金が一時金として労働者に支給される。(一定の要件を充足する必要あり)

    給付金は被保険者期間により基本手当の30日分か50日分

    https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000838542.pdf



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA