• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    今朝、とても驚いた記事です。

    日経新聞6月20日(土)朝刊1面に掲載されていました。

    治療薬としてスマホのアプリが医師から処方される。

    アプリの月額使用料などが医療保険の療養(費)給付の対象となる。

    https://cureapp.co.jp

    義肢装具といった医療に関わる仕事をしていますが、全く、アプリが薬というアイデアに至ることはありませんでした。

    もちろん、何らかのソフトウェアが治療に資するし、かつ、不可欠であることは確信しておりますが。

    アプリの利用による治療効果も治験されていると言うことです。

    DX、デジタルトランスフォーメーションとはこういうことかと。

    薬は一方向でフィードバックループが無いように思いますが、アプリでは投薬後のフィードバックループが自ずと生まれます。

    フィードバックループの中で、アプリが治療効果を高めていく。

    進化していく薬。

    対象疾患、治療効果のプラトーなど限界はあるのかもしれませんが、未来の可能性は無限です。

    生半可な知ったかぶりは、自分の未来の可能性を狭くする。

    そのことも改めて自覚いたしました。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA