• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    現在、多くの自治体が地元飲食店を支援するために、テイクアウト案内サイトなどを立ち上げ応援活動を行なっています。

    http://www.city.daito.lg.jp/kakukakaranoosirase/senryakukikaku/senryakukikakusitu/kohokocho/koronanimakeruna/1586479735082.html

    素晴らしい活動です。

    ウェブはとても有効な情報発進手段ですが、自宅へ届けるタイプの紙媒体にはウェブによる情報発信を補完強化する働きがあります。

    特に高齢者の方などには有効であるとされています。

    茨城県水戸市の広告会社日宣メディックスさまが、地域情報誌6誌などに地元飲食店のテイクアウト関連記事を無償で掲載し、合計39万部の配布を開始されたそうです。

    素晴らしいですよね。

    地域誌のビジネスモデルの前提は、地域のお店からの広告掲載収入の安定した獲得です。

    地域のお店が現状を乗り越え負けないためにできることをする。

    事業は自社が持てる経営資源を自社のノウハウので運用し、お金を生み出すものである。

    ただ、時としてお金を十分に生み出さない時期がある。ただ、その運用は止めてはならない。

    官であれ民であれ、得意を活かしできることする。

    言葉を発するよりも動く。

    あらためてそう思いました。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA