• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    今朝のクライアントさんはサービス業のお客さま

    サービス業といってもさまざまありますが、

    理容や医療といった業態ではなく、イベント企画などをされている事業者さまです。

    そちらの財務諸表を拝見すると、損益の成り立ちやBSの構成など、

    普段見慣れている製造や卸売業とは全く異なり少し面食らいます。

    ただ、過去何期かの流れを丁寧に確認していくと

    その企業がどのように生きているのかを感じ取ることができます。

    最近、FPの勉強をしているせいか財務諸表の見方も”お金”を軸に見るようになりました。

    事業者さまにとっては当たり前のことかと思いますが、

    経営を端的に表せば、要はお金です。

    損益もBSもお金の流れを確認する材料にすぎません。

    そのことでお金が増えるのか減るのか。

    シンプルにそのことを考えれば良い。

    そのように思います。

     



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA