• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    前作がとっても素晴らしかったので、

    W. Chan Kim先生の

    Blue Ocean Shift: Beyond Competing

    – Proven Steps to Inspire Confidence and Seize New Growth

    を読みました。

    これから読もうとしている方で、前作をお読みになっていない方であれば、

    まず、前作をお読みになることをお勧めします。

    前作をお読みになって、まだこちらを読んでいない方には、

    前作のようなワクワク感はなく、冗長で少し(とても)残念に思うかも。

    とお伝えします。

    それだけ前作が衝撃的で素晴らし過ぎたのだとは思いますが、

    こちらは少し無理に作った感がある本でした。

    これまで重なることのなかった価値を組み合わせることで

    今まで消費者が経験することのなかった新しい価値の世界を作り出します。

    あわせて価値を作り出すためのコスト構造を明らかにし、

    トータルコストについては従来の価値創造と大きく差がないものとします。

    それにより収益性を維持向上しながら、競争を回避し事業成長を図るというものです。

    これまでの競争の方法は付加価値を高めたり、広げたりという思考でしたので、

    時間軸、競争の場の軸は他社と同一でしたが、

    ブルー・オーシャンでは軸を異なるものとなりますので、

    先行者やガリバーが競争優位である世界から抜け出すことができます。

    新たな付加価値を組み合わせ、それを加えた形での全体の価値を高めるために

    高める価値、あえてないがしろにする価値を意識的に創り出し、

    世界観を明らかにしながら、コスト競争力を高めます。

    シルク・ド・ソレイユの例から始まる前作は

    その少し前に実際に彼らのショーを体験したこともありとにかく刺激的でした。

    今回はそれを実際に事業活動に展開していくためのプロセスが紹介されていましたが、

    あまり目新しさはなく、思わず誰かに話したいという気持ちにもなりませんでした。

    ただ、電球の話は面白かったです。

     

     

     

     

     

     

     

     



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA