• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    毎朝、4時半くらいから30分、6時から20分中国語の勉強をしています。

    決まったテキストを繰り返し読んでいますが、

    そちらのテキストに

    不管白猫黒猫、抓住老鼠就是好猫

    ということわざが掲載されていました。

    鄧小平氏がよくお使いになった言葉とされていますが、

    こちらのテキストに出会うまでは、

    白猫でも黒猫でもネズミを取るのが良い猫だ

    ≒ 結果のためには手段を選ばず。

    というように解釈し、なんだかひどい話だなと勘違いしていました。

    正しい意味は

    「 何事も結果を出さなければ意味がない。 」

    ということ。

    視点を変えて同じ言葉を見ているということでしょうけれど、

    経営に限らず、物事の本質をシンプルに表現しており、

    頭や先例に縛られがちにある自らを戒めようと思います。

     

     

     

     

     



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA