• 大東、生駒、四條畷、地域の事業者さまの健康健全経営を支援します。

    本年4月より有期労働契約者(パートさんや契約社員の方)の無期転換制度がスタートします。

    少しわかりにくい部分や誤解を招きやすい部分もあります。

    少し整理してお伝えします。

    ① 無期転換制度とは

    同一の使用者との間で締結された有期労働契約(1年とか半年とか契約期間のある雇用契約)の

    通算契約期間が5年を超えることとなる労働者(社員)が

    期間の定めのない労働契約の締結を申し込んだときは

    使用者(会社)はその申し込みを承諾したとみなす制度です。

    特に使用者の方の了解などを必要とせず、条件を満たす社員の方は申し込みを行えば

    その時点で期間の定めのない(もし、定年制がなければ極端な話、お亡くなりになるまで)契約が成立します。

    ② パートさんや契約の社員の方が正社員になる制度ではないこと

    有期契約が無期契約となるだけですので、契約社員やパート社員さんが正社員になる制度ではありません。

    契約社員やパート社員の方と給与体系や賞与、退職金などの条件が異なるのであれば、

    原則としてその条件のまま契約期間のみが変更となります。

    ③ 無期転換制度の根拠 労働契約法第18条

    制度の根拠となる法律は労働契約法です。

    その第十八条が根拠条文となります。

     
    第十八条

    同一の使用者との間で締結された二以上の有期労働契約

    (契約期間の始期の到来前のものを除く。以下この条において同じ。)の

    契約期間を通算した期間(次項において「通算契約期間」という。)が五年を超える労働者が、

    当該使用者に対し、現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に、

    当該満了する日の翌日から労務が提供される期間の定めのない労働契約の締結の申込みをしたときは、

    使用者は当該申込みを承諾したものとみなす。

    この場合において、当該申込みに係る期間の定めのない労働契約の内容である労働条件は、

    現に締結している有期労働契約の内容である労働条件(契約期間を除く。)と同一の労働条件

    (当該労働条件(契約期間を除く。)について別段の定めがある部分を除く。)とする。

    第十八条  二項

    当該使用者との間で締結された一の有期労働契約の契約期間が満了した日と

    当該使用者との間で締結されたその次の有期労働契約の契約期間の初日との間に

    これらの契約期間のいずれにも含まれない期間

    (これらの契約期間が連続すると認められるものとして厚生労働省令で定める基準に該当する場合の

    当該いずれにも含まれない期間を除く。以下この項において「空白期間」という。)があり、

    当該空白期間が六月(当該空白期間の直前に満了した一の有期労働契約の契約期間(

    当該一の有期労働契約を含む二以上の有期労働契約の契約期間の間に空白期間がないときは、

    当該二以上の有期労働契約の契約期間を通算した期間。

    以下この項において同じ。)が一年に満たない場合にあっては、

    当該一の有期労働契約の契約期間に二分の一を乗じて得た期間を基礎として

    厚生労働省令で定める期間)以上であるときは、

    当該空白期間前に満了した有期労働契約の契約期間は、通算契約期間に算入しない。

    法律の文章はなかなか読み慣れず、わかりにくいものですが。

    以上を前提に次回以後、制度の理解や対応について説明してまいります。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA