• 大東、四條畷、生駒の事業者さま。朝活で経営を良くしましょう。

    シェアリングエコノミーの可能性、有用性、期待

    シェアリングエコノミーの可能性

    日本国内では業規制による制約などからそのサービスは限られていますが、

    マッチングプラットフォーム上で既に多くの個人所有の遊休資産が利用者にシェアされています。

    既存の国内シェリングエコノミーの代表的事業の例をご紹介します。

    シェアする資源提供するサービス事業者例
    ヒト家事代行ANYTIMES、家事代行ひろば
    子守AsMama、キッズライン
    仕事・スキルクラウドワークス、ココナラ
    外国人向けガイドTOMODACHI GUIDE
    体験Airbnb
    モノ(不動産)駐車トメレタ、akippa
    会議室・臨時店舗スペースマーケット、
    農地シェア畑
    モノ(動産)車の共同使用Cafore、Anyca
    ヒト+モノ宿泊Airbnb
    個人宅での食事TADAKU、キッチハイク
    移動Uber
    車の相乗りNotteco、Hitch me
    カネ事業資金Readyfor、 Makuake

    シェアリングエコノミーの国内市場規模は2018年度には

    2014年度の市場規模233億円(平成28年版情報通信白書)の約2倍

    462億円に拡大すると予測されています。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA