• 大東、四條畷、生駒の事業者さま。朝活で経営を良くしましょう。

    当社もそうですが、中小企業にとって短時間勤務者の方や

    契約社員の方(以下非正規労働者)はとても大切な人材資産です。

    ステレオタイプ化することは賢明ではないとは思いますが、

    仕事の成功方程式 成果=考え方×熱意×能力を当てはめてみると

    1)仕事や職業についての姿勢がとても真摯な方が多く

    2)日々の業務への取り組みも熱心であり、成果に対して妥協せず

    3)優れた知識や技能をお持ちでいらっしゃいます。

    このよう方程式となりますので、当然にその成果は高いものとなります。

    そのような素晴らしい人材を来春から本格導入される無期雇用転換ルール

    より安定した立場でその能力を高め、事業成果を高めていただく機会と言えます。

    企業による非正規労働者のさらなる活用を助成する制度として

    キャリアップ助成金制度があります。

    キャリアップ助成金には以下の8つの制度が準備されています。

    1 有期契約労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等への転換等を助成する「正社員化コース」

    2 有期契約労働者等に対する職業訓練を助成する「人材育成コース」

    3 有期契約労働者等の賃金規定等を改定した場合に助成する「賃金規定等改定コース」

    4 有期契約労働者等に対し、労働安全衛生法上義務づけられている健康診断以外の

      一定の健康診断制度を導入し、適用した場合に助成する「健康診断制度コース」

    5 有期契約労働者等に関して、正規雇用労働者と共通の職務等に応じた賃金規定等を設け、

      適用した場合に助成する「賃金規定等共通化コース」

    6 有期契約労働者等に関して、正規雇用労働者と共通の諸手当に関する制度を設け、

      適用した場合に助成する「諸手当制度共通化コース」(新規)

    7 労使合意に基づき社会保険の適用拡大の措置を講じ、新たに被保険者とした

      有期契約労働者等の基本給を増額した場合に助成する

      「選択的適用拡大導入時処遇改善コース」(新規)

    8 短時間労働者の週所定労働時間を5時間以上延長し、当該労働者が

      新たに社会保険適用となった場合に助成する「短時間労働者労働時間延長コース

      また、短時間労働者の週所定労働時間を1時間以上5時間未満延長し、

      当該労働者が新たに社会保険の適用となった場合も、労働者の手取り収入が減少しないように

      3または7と併せて実施することで一定額を助成

    特に1、2の助成金は就業規則などに正社員登用制度を定め、実際にその運用を行っている企業、

    そのために必要な教育を実施している企業やこれから行おうとしている企業にとっては

    とても有益な制度であると考えます。

    1の場合は有期雇用から無期雇用への転換時に基本給を5%以上昇給することなどの要件がありますが、

    助成金により十分に償還されるものと考えます。

    企業にとっては優秀な人材の安定した雇用の実現

    働く人にとっては自らの働き方に沿った安定した就業機会の獲得

    公にとっては働き方改革の実現による安定した公的サービスの実行原資の獲得

    世の中の幸福が増します。

    ぜひ、利活用いただければと思います。

    また、企業の総務部門などは利益のプラス貢献を出しにくい部署ではありますが

    これらの助成金獲得を成果指標として社員がよりよく働く環境整備に取り組むことは

    とても好ましいことであると考えます。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA