• 大東、四條畷、生駒の事業者さま。経営・労務管理を広く支援します。

    中小企業・小規模事業者人手不足対応ガイドラインの中に

    ダブルアサインメント(一つの業務を2名が受け持つ)という考え方と

    その対となるマルチタスク(一人の人間が複数の業務を受け持つ)という考え方に出会いました。

    株式会社日本レーザーさまの事例が

    労働基準広報 2014 1.1・11に紹介されています。

    一つの業務を二人が受け持つことで

    働く人にとっては短時間勤務や在宅勤務、突発的な休み、長期有給休暇の取得など

    多くのメリットが期待できる一方で

    会社にとってはコスト高につながり、「中小企業にはとても無理!」と考えてしまいます。

    同社では全ては社員のためにという理念のもと、

    人を頂点に置きしっかりとした教育投資を行い

    高いレベルで社員のマルチタスクを可能とし

    ダブルアサインメントを実現しています。

    基礎としてはMEBO(マネジメント・エンプロイー・バイアウト)(経営陣と従業員による企業買収)により

    親会社から独立し、経営陣と社員の持ち制度をとることで

    所有と経営、労働の一致による強い当事者意識や家族意識の土壌あります。

    あるべき姿の一つして頭に置いておきたい事例です。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA