• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    事業承継の事例としてM&Aによるものが紹介されています。

    なるほどと感心しましたので紹介いたします。

    本事例では企業名はA社として匿名になっています。

    ① A社概要

    売上高:80億円 

    従業員:48名

    資本金:1000万円

    業容: 加工調味料製造販売業

    設立:現社長(67歳)が40年前に創業

    成り立ち:当初は調味料の卸売問屋、その後製品の企画・開発によるOEM事業に進出し順調に拡大

    ② 事業承継について

    1)一人娘の娘婿:後継者としての経験を積ませるが、事業規模の拡大にともない、

             親族であるから経営を任せることに疑問を抱く。

             結果的には娘婿は同社を退社し後継者を辞退

    2)株式評価額:毎期の安定した利益計上、純資産蓄積の厚さから評価額が高い

            相続税や贈与税負担が大きく保有株式の引き継ぎが困難

    ③ 事業承継の目的

      1)長年にわたり支えてくれた従業員の雇用維持

      2)自らが築いた仕組みの永続と会社の発展

    ④ M&Aにより事業承継

      上記1)2)に加え、3)売却先の発展を目的にM&A先を選定

      1)出資を受けている取引先

        老舗の同族企業→社長が起業し一から築き上げた同社とは企業風土が異なる→断念

      2)主要取引先であるB社(一般消費者向け飲食店等運営)への打診

    ⑤ M&Aによる効果

      1)B社:新たな強みの獲得

        従来の強み:店舗運営のノウハウ

        新たに獲得した強み:調味料製造の開発や検査体制のノウハウ、必要な技術者人材

                  ← A社の開発技術や品質管理技術

      2)A社:所有と経営の分離の実現、社員によるさらなる発展の実現機会の獲得

    企業風土、強みの補完、資本の継承、当たり前のことであるとは思いますが、

    整理して理解することができる事例でした。

       



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA