• 大東、四條畷、生駒の事業者さま。経営・労務管理を広く支援します。

    広島市にある株式会社ハーストーリィープラスさまの事例です。

    こちらはホームーページがとても個性的で面白いです。

    社長の佐藤緑さまがイラストレーターとしての活躍なさっているとのことで、

    事業案内も街のイラストをお使いになっています。

    もともと佐藤さまは広告企画会社「株式会社ハーストーリー」を起業なさっていましたが、

    地元の活性化を目指し、分離独立して同社を設立なさったとのことです。

    ① 中核事業:イベント・商品企画事業

      特徴:スタッフ全員が女性であるので、女性を対象としたイベントや商品開発に強みを発揮できる。

      対象・方法:女性向け商品の開発に関心を持つ企業の商品のモニター企画
             
            地域のにぎわい創出イベントなどの企画

      効用:地域活性化、企業と市民、市民と市民との交流促進

    ② 飲食店事業:カフェ&交流スペース Herstory House の運営

      対象・方法:地域の女性

            主婦の手作りランチの提供

            女性向けセミナーや交流会などの企画
     
            地元食材・雑貨の取り扱い

            主婦が作る惣菜や弁当の販売「食雑貨マーケット暮らしマルシェ/365」の運営

      効用:地域の女性に学び、遊び、働く、交流のためのスペースと仕事を提供

         地域産品のPRや消費拡大

    ③ 弁当・食材宅配事業

      対象・方法:「働くママ」を支援するために夕食用弁当の宅配事業を開始

             同様に味付けのアレンジが可能な「あえるだけ野菜」等の食材の宅配事業も開始

    今後の課題としては、従業員が全員主婦でいらっしゃるので、1日数時間の短時間労働への対応など

    多様な就労体制の整備をあげていらっしゃいます。

    直近ではコンビニエンスストアーが拠点勤務地とは異なる店舗での

    短時間労働を可能とする仕組みづくりの報道もされています。

    ここで取り上げたサービスもICTの進歩やスマートフォンの普及などにより

    実現進化しているものであると考えます。

    これから急速に変化していくであろう地域における”企業”のあり方や

    働き方や暮らし方

    いろいろなことを考えるきっかけとなる事例です。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA