• 大東、生駒、四條畷、地域の事業者さまの健康健全経営を支援します。

    人手不足の中で各社が主婦の方への働きやすさ向上施策を進めています。

    ① 人手不足の根拠

      7月の有効求人倍率は1.52倍と前月よりも上昇しています。

      有効求人倍率は求職者一人当たりの求人数を示し、1を超えると売り手市場となります。

    ② 各社の施策

      1)主婦層の新規雇用施策(フローの獲得)

        1. 極短時間勤務など働きやすさの向上(週1日のみ2時間勤務など)

        2. わかりやすいマニュアルの整備

        3. 研修制度の充実

      2)母親層の雇用継続施策(ストックの確保)

        保育所の設置

    特にファストフードやコンビニを含む商品販売業の有効求人倍率は2.01倍とされており

    各社設備投資(自動釣銭機導入)により業務簡素化努力などとあわせ、

    働きやすさ向上ノウハウを人手不足時代の新たな強みとして蓄積強化しています。

    中小企業においてもマニュアル整備や研修制度の工夫、労務管理の合理化(情報化)により

    働き手本位の働きやすさを提供可能に思えます。

    保育所についてはは土地建物を持つ企業が

    地域の企業間でシェア型の仕組みを作り対応できるようにも思えます。

    流れを読み誤ることなく

    働きやすさ向上施策について考え実行していくべきことは確かです。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA