• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    新潟県上越市で地元産のお米やお酒を販売する

    明治33年創業のヤマイ佐藤商店さまの事例です。

    https://www.yamai-kome-sake.jp

    佐藤商店さまは鵜の浜温泉に近く、

    1)地元のお客さま

    2)温泉客

    を顧客としており、地元の人気店として賑わっていらっしゃいます。

    今回の事例ではさらなる顧客開拓のために

    1)温泉客を自社店舗へ誘導するためのギフト商品を開発する

    2)誘導の目玉となるよう、お店の土蔵を改装しお客さまのおもてなしの場とする

    3)ギフト商品には店舗のご案内のしおりを付け、ギフト購入→店舗への流れを促す

    このような活動に取り組まれました。

    ギフト商品として魚沼産のコシヒカリなど3種類のお米をセットにした

    「オリジナルお米ギフト(2合米)」を開発され、

    パッケージも女性や子どもにも親しみやすいものとし、長期間食味を保つよう工夫なさいました。

    土蔵は改装され、明治大正の品々を展示し、畳敷きのくつろぎの場所も作っていらっしゃいます。

    https://www.yamai-kome-sake.jp/明治時代の土蔵見学/

    今回の事例では、

    土産用に小分けにした観光客が増えているそうだから、

    それを生かして顧客の幅を広げたいという店主のアイデアを

    1)具体的にどのような商品をどこで提供し

    2)どのように顧客として獲得するのか

    3)そのために利活用できる自社の経営資源(ヒト、モノ、カネ、ノウハウ)は何か?

    それらを経営計画の策定を通して繰り返し確認し、ギフト商品の開発販売に留まらず

    自社の土蔵を活用し、より魅力的な内容としています。

    事例概要

    名称 ヤマイ佐藤商店
    ホームページ等 https://www.yamai-kome-sake.jp
    概要 明治33年創業
    新潟県上越市の酒類・米穀小売業
    従業員数1名
     特徴、強み、機会 契約農家のお米、こだわりの地酒の取り扱い
    温泉地に近く、地元住民以外にも温泉客を顧客としている。
    レトロ感に富む土蔵を店舗と併設して所有する
    弱み、脅威 販路が限定されている
     課題(機会の活用)
    観光客が土産用に小分けされたお米を買う人が増えている
    実施内容 経営計画策定
    誰に、何を、どのようにの明確化。アイデアの具体化
    オリジナルお米ギフトの開発
    ギフト購入者の店舗への誘導のためのしおり作成
    土蔵の改装
    成果 
    今後の課題ギフトが名刺の代わりとなり、購入者が店舗や土蔵を訪れる導線の確立
    店舗や土蔵がお客さまをもてなす場として活用される


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA