• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    東京都西多摩郡の美容室さんシェモアさまの事例です。

    あらためてですが、

    1) 店舗の4Pにかかる基本情報、固定的情報はホームページ

    http://chezmoi-salon.com/about.html

    2) 実際の商品やサービスなどの動的情報はFBやインスタなどのSNSで随時更新

    https://www.facebook.com/hair.chezmoi

    https://www.instagram.com/chezmoi.hair/?ref=badge

    そのことを確認させていただきました。

    ホームページを拝見すると、手描きの地図にとても良い印象を抱きました。

    昭和26年の創業と地元に愛され続けている美容室ですが

    設備の中でも顧客満足に繋がりの深い椅子が老朽化しており

    カット用の椅子を補助金により更新なさった事例です。

    高齢者が長時間座っても疲れない椅子を導入することで、

    同じように腰への負担が少ない椅子を求める妊婦の方などを

    新たな顧客として開拓なさっています。

    なるほどと勉強になります。

    本事例では経営計画づくりの大切さも改めて確認できます。

    1)店主やスタッフの個々のアイデアは散在しているデータですが

      データだけでは、店自体の行動は起きません。

    2)アイデアデータを経営計画づくりの中でつなぎ合わせることで

      店を動かす情報とすることができます。

    3)情報により店が的確に動けるだけでなく、働く方にとっても

      その前提や意義が明らかになりますので働く方のモチベーションが上がります。

    4)計画を作る中で「そもそもこういったお客さまはどれくらいいらっしゃるの?」といった

      アイデアの検証が行われますので、環境への気づきとその適応が促されます。

    経営とは様々な環境に迅速に対応していくことであり、

    経営計画はそのための道具です。

    計画はあまり精緻なものを作っても、

    環境は常に変化しますのであまり有益ではないと考えます。

    ただ、断片的なアイデアをつなぎ合わせ計画としておくことで

    進んでいく方向が明確になります。

    それににより変化への対応が後手に回ることが少なくなり、

    対応が的確になります。

    事例概要

    名称 美容室シェモア
    ホームページ等 http://chezmoi-salon.com/about.html
    https://www.facebook.com/hair.chezmoi
    概要 昭和26年創業
    東京都瑞穂町の美容室
    従業員数4名
     特徴、強み、機会 幅広い世代が満足できるサロン←親子3代で通うお客さま
    地域での強い愛顧
    弱み、脅威 設備(椅子)の老朽化
    →高齢者が座っていて疲れる
    店主のアイデアがまとまっていない
     課題(機会の活用)
    設備を更新し高齢者の顧客層を広げる
    実施内容 経営計画策定
    →散在していた店主のアイデアが一つの計画に
    →補助金による設備更新:最新のカットチェア購入
    →広告宣伝の見直し:看板とチラシのデザインのリンク
    成果 高齢者顧客の増加
    妊婦さんなど腰への少ない負担を求める顧客の増加
    →新規客が毎月10名程度増加
    →総売上15%アップ
    今後の課題


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA