• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    まずはホームページをごらんください。

    http://www.hikobe.co.jp/index.html

    同社の誇るイトマキシェードの美しさに感銘を受けます。

    創業は1960年、設立は1974年。群馬県桐生市にある照明器材の製造開発販売業

    株式会社彦部科学さまの事例です。

    同社は設立以来40年以上の長きにわたりイトマキシェードの独自製造法の確立に取り組み

    大手メーカーのOEM生産を受託することに成功しています。

    OEMのメリットは

    1) 安定した受注 : 価格や取引条件が安定しますのでCFが良化します。

    2) 少ない販売経費 : 営業活動への資源配分が不要ですので収益性が高くなります。

    このようなサイクルを生かし、技術開発力強化に経営資源を配分することができます。

    一方デメリットとしては

    1) 売り上げ依存度が高すぎると経営がOEM販売先の業績に強く左右されます。

    2) 営業活動についてのノウハウや資源が不足し、独自の販路開拓による事業展開が困難となります。

    同社の場合は今後強まるであろうデメリット面への対策として

    1) 独自技術を生かしたオリジナルブランド商品を開発し

    2) オリジナルブランド商品の自社内売り上げ高比率を30%程度まで高め、

       経営の安定性をさらに高める。

    このような事業戦略を構想なさいました。

    前提として既存販路での拡販はOEM先とのバッティングの問題あり

    新たな販路を開発する必要がありますが、そもそも営業経験やノウハウが不足しているため

    販路開拓がままならないというジレンマを抱えていました。

    本事例では販路開拓を図るために、補助金を活用し東京でのギフト分野の展示会に出展し

    オリジナル商品による販路開拓に取り組まれた事例です。

    ホームページを拝見するとネット販売も実現なさっており、

    経営計画に沿って事業を展開なさっていることが理解できます。

    少し感じたことは、とても美しいホームページで商品も本当に素晴らしいのですが

    少しあっさりしすぎているようにも思えました。

    全体の美しさをそこなうことなくストーリーを物語ることは難しいのかもしれませんが、

    是非とも取り組みブランド価値を高めていただければと思います。

    事例概要

    名称 株式会社彦部科学
    ホームページ等 http://www.hikobe.co.jp/index.html
    概要 群馬県桐生市の照明器材・器具の製造開発販売事業者
    従業員数10名
     特徴、強み、機会 設立以来40年あまり追求してきた独自製法によるイトマキシェードを中核製品として確立している
    ←独自の開発技術、技術力を持つ
    大手メーカーのOEM生産を行なっている。
    弱み、脅威 OEM生産に売り上げのほぼ全てを依存している。
    事業の柱がOEMのみでさらなる経営の安定が実現できない
    新規販路開拓のノウハウがない
    既存販路への営業活動はOEM先とのバッティングの懸念から消極的
     課題(機会の活用)
    独自の開発技術力を生かしオリジナルブランド商品を開発する。
    開発品を積極的に販売し、事業のもう一つの柱とする。
    実施内容 経営計画策定
    →オリジナル商品の事業化への道筋の明確化
    →5年後の目標の設定
    →東京での展示会に出展
    成果 出展により独自商品を展開する足がかりを得た
    今後の課題1)出展の継続
    2)ネットショップの立ち上げ
    3)オリジナル商品の売り上げ比率を全体の3割まで高める


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA