• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    秋田県の80年以上の伝統を持つ味噌・醤油製造事業者さまの事例です。

    1)地元の顧客を対象に

    2)伝統に培われた代々続いてきた味を

    3)直接取引により販売する。

    このようなモデルと地元の愛顧を得て、

    地域のブランドとしてその価値を確立されて来られました。

    一方で、少子高齢化により地元商圏だけでは売上が減少を続け、

    伝統の味を受け継ぐことが難しくもなっていました。

    今回、補助金を利用し、ストーリー性のある事業計画を作成し、

    インターネットを使った商圏拡大に取り組まれている事例です。

    ❶ 広く全国の伝統的な和の食材を好む顧客に

    ❷ 伝統に培われた代々続いてきた味をさらに極めた商品を

    ❸ インターネットに伝統の物語を掲載し、ブランド確立の時間を短縮し

    ❹ 顧客にとってその価値を認知しやすく利用しやすいよう、既存商品を見直し、新商品開発を行う。

    このような流れの事例です。

    ホームーページも印象的でとても好感をもちました。

    http://www.miurashoyuten.akita.jp

    ぜひ、お訪ねいただければと思います。

    事例概要

    名称 有限会社三協商事(三浦醤油店)
    ホームページ等 http://www.miurashoyuten.akita.jp
    概要 創業80年
    秋田県潟上市の味噌・醤油製造業
    従業員数4名
     特徴、強み、機会 地元での愛顧
    地元顧客との直接取引の基盤
    伝統の味を持つ
    弱み、脅威 少子高齢化→年々売上減少
     課題(機会の活用)
    代々続いてきた味を後世に残す
    販路拡大
    実施内容 経営計画策定
    →伝統の味を極め、販路を拡大する。
    →現在の商圏を超えて、自社の歴史や日本の食文化を広く伝え
    →新たなに販路とブランドを確立する
    1 既存商品強化:味とパッケージのブラッシュアップ
    2) 新商品開発
    3) 営業強化:自社サイトとネットショッピングの整備
    4) 販売チャネル拡大
    成果 おかず味噌の開発
    今後の課題販路拡大、ブランドの確立と認知拡大


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA