• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    今日は大阪での仕事の1日でした。

    今朝は3時過ぎに一度目が覚めましたが、4時半まで眠り

    いつものように4時半からスタート。

    中国語をして体を伸ばして葵と外へ。

    今朝の大阪は昨日の雨の雲が残っており、少し暗く湿度も高い朝でした。

    葵は昨日の疲れもあるのか今朝もさぼり気味ではありました。

    歩き終え、支度をして会社へ。

    会社では少し診断士と社労士の勉強をして午前中はいきいき館のミーティング

    お昼には輪読会がありました。

    高い目標と日々を一生懸命に生きる話です。

    自分にとっては資格取得や語学の取得です。

    自分は必ず中国語が話せるようになります。

    確か一つの言葉をものにするには4000時間程度かかるはずです。

    4000時間勉強すればできるようになりますから、年齢を考えれば必ずできるようになります。

    1日90分勉強をしたとして、1ヶ月で45時間。年間で500時間。

    およそ8年かかります。

    8年後の姿を常に考えるのはなかなか難しいので、

    毎日90分の時間を確実に確保し、毎日勉強する。

    それが日々の取り組みになります。

    物事を実現するのは、言葉ではなく行動であると考えていますので、

    行動を続けるための工夫が不可欠になります。

    うまいやり方を見つければ、4000時間が3500時間になるかもしれませんし、

    やり方がまずければ6000時間かかるかもしれません。

    ただ、いずれにせよ3000時間以上の行動が必要です。

    8年、10年かかっておきる変化は日々見れば気づかないほどわずかなものですし

    1年の変化もそれほどのものではありません。

    ですから、常に変化を気にしていてもしようがありません。

    続けていれば、ある日必ずできるようになるのですから続けることです。

    事業や身の回りのことも同じで、

    言葉だけの人の意見は自分にとっては聞くに値しません。

    言葉を行動にして実践した人の言葉には耳を傾ける価値があります。

    午後は提出物の準備をし、社長に決済もいただき

    夕方はショールームのミーティング。

    こちらも急ぎません。

    良くするための行動を続けて行きます。

    良くできる物語は頭の中でできているので、

    あとはそれを共有しながら、実行していくだけ良く

    スタッフの方も皆前向きでとても楽しい時間です。

    夕方は事業開発での輪読会。

    偶然、お昼のテーマと話が重なりました。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA