• 大東、四條畷、生駒の事業者さま。経営・労務管理を広く支援します。

    今朝は起きると強い雨が降っていて

    朝、葵と外に出るのは断念し奥さんにまかせることにしました。

    会社へ向かう頃には少し雨も弱くなりましたが、

    まだ雨は降り止みませんでした。

    会社では午前中に広報のミーティング。

    紙媒体とデジタル媒体の違いを考えました。

    紙媒体は渡し手が渡したいものを受け取り手に渡すというコミュニケーション

    受け取り手は常に受動的です。

    一方で、デジタルは必要なものを取りに行くコミュニケーション

    よりその姿勢は能動的です。

    現在、働くために必要な社内情報の多くはイントラネットの中にあります。

    イントラネットへのアクセスの難しい方には

    その難しさを前提、言い訳に

    イントラネットの中から恣意的に渡しては選択した情報を

    紙にして渡しています。

    これを受け取り手が自ら取りに行くコミュニケーションに転換できれば、

    働く上での情報格差が無くなるだけでなく、

    より積極的な姿勢を引き出すことができます。

    あわせて、アクセス確認などで社員がどのような情報を欲しているのかも把握できます。

    社員満足や経営参画を考えれば、限られた情報インフラ設備をどのように配置し

    社員が必要な情報を取りに行けるようにできるのかが

    今後の中小企業の考えどころだと思います。

    午後は、海外関係の会議のプレゼン資料の整備を主に行い、

    途中、細々打ち合わせを行いました。

    夕方は経営基礎力強化ゼミです。

    参加した方からすると問題も解説もなんのこっちゃというところかもしれませんが、

    教える?側の私は、教えることで改めて多くのことを学んでいます。

    改めて財務に強くなるのは大事だなと自覚します。

    わかば経営支援室の活動としてはもちろん、

    本業でのお取引先の経営幹部の方などにお教えする機会ができれば

    とても良いなとそのように思います。

    教えるとはおこがましいですが、

    会社を良くするためにすべきことはしたいと思いますし。

    業界を良くするためにできることをしたいと思います。

    会社や業界の先にはお客さまがいらっしゃり、

    良い業界や良い会社がお客さまの暮らしをより良く支えるのだと思います。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA