• 大東、生駒、四條畷、地域の事業者さまの健康健全経営を支援します。

    山口市の海産物食品製造業の肩の事例です。

    山口市の秋穂地区は明治から続く車えび養殖発祥の地だそうです。

    素材と技術を生かした魚介類惣菜製品を強化し、需要の先細りに対応してきました。

    さらなる販路拡大を実現するため、製造工場の衛生面を強化する投資を助成金により行いました。

    私たち消費者の食の安全安心への対応を狙いとされています。

    名称 原田丸海産有限会社
    ホームページ等 http://aio-ebi.com/index.html
    概要 昭和38年創業
    山口県山口市の海産物加工食品製造業
    従業員数25名
     特徴、強み、機会 車えび養殖発祥の地で操業
    主力商品は養殖車えび
    高い技術とこだわりの食材を使用した惣菜事業を強化
    →取引先から高い評価
    →年々売上を増大
    弱み、脅威 海産物を含む消費者ニーズの変化
    →需要が年々減少傾向
    一般消費者の食の安全・安心への意識の高まり
    製造工場への設備投資余力の限界
     課題(機会の活用)
    評価の高い惣菜製品の販路拡大
    →食の安全への要求を満たす
    →製造工場の衛生面強化
    実施内容 経営計画書の作成
    設備投資による衛生面強化の効果や目標を具体化
    製造工場への異物侵入を阻止するための出入り口の二重化着手
    成果 
    今後の課題設備投資による販路拡大
    老舗企業としての事業の持続発展

    ホームーページを拝見しましたが、

    http://aio-ebi.com/index.html

    食の安全にはあまり触れておらず、ページもあまり更新なされていないようです。

    ネット販売のページは難しいと思いますが、クラウドソーシングなどをお使いになり、

    ページの刷新を進められてはとも思いました。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA