• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    熊本県の阿蘇地域でメガネや時計、補聴器を取扱っっていらっしゃいます。

    補聴器を購入する目的は満足な聴こえをえることです。

    お客さまの目的を叶える前提である適切な商品選定と販売後の微調整を確実に行うために

    認定補聴器技能士資格を取得なさっています。

    そのことを地域の方に多く知っていただきその技能を地域の満足に展開するために

    補助金を活用なさっています。

    名称 阿蘇品時計店
    ホームページ等 http://asoshina-tokei.com
    概要 メガネ・時計・補聴器・宝飾品販売・買取
    従業員数3名
     特徴、強み、機会 店主が2009年に認定補聴器技能者の資格を取得。商圏内では唯一
    → 耳にあう最適な商品選びができる。
    → 購入後も専門技能により微調整を施すアフターケアができる。
    弱み、脅威 技能を地域に展開するためのPRが不足
    経営計画書がない
    →DMなどが場当たり的
     課題(機会の活用)
    専門技能の地域への展開
    =計画に沿ったPR
    実施内容 経営計画書策定
    →頭の中のプランを見える化
    →年間計画に沿ったPR
    聴力測定器、補聴器効果測定器購入
    →顧客満足度を向上するきめ細かいアフターケアができる
    DM作成、阿蘇市報への広告出稿
    →店主の資格を強調、出張サービスも広告
    成果 補聴器関連の問い合わせ増加
    視聴や貸し出しのために来店客増加
    今後の課題成果の定着
    認定技能者によるサービスの必要性の背景の訴求

    お客さまの満足な聴こえを実現するためには

    お客さま自身が商品選択やアフターケアの大切さを理解することも欠かせません。

    そのような啓発活動も今後の課題のように思えます。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA