• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    兄弟経営の陶磁器の製造販売業の方の事例です。

    地元商店街にある自社遊休資産である空き店舗を改修し、

    自社の販路形成のみならず、地元商店街の活性化への貢献を目指していらっしゃいます。

    名称 土龍窯(もぐらかま)
    ホームページ等 
    概要 創業31年の陶磁器製造業
    従業員数3名
     特徴、強み、機会 県内有数の焼き物産地に隣接
    兄弟3人で経営
    温かみがある焼き方が特徴
    異なる作風、客層を持つ
    → 個々の販路作り
    → 自社所有遊休店舗を改修し兄弟で共同出店を検討
    弱み、脅威 地元商店街は空き店舗が増加
    改修のための手元資金不足
    経営計画作成未経験
     課題(機会の活用)
    地元商店街に活気をもたらしたい。
    それぞれの作品の販路作り
    実施内容 空き店舗改修資金の一部への助成金活用
    経営計画作成
    → 考えが整理
    → ショップの未来像明確に
    成果 土日限定ショップを開店
    兄弟だけでなく、同世代の若手作家に発表の場を提供
    → 前からこんな店があればと思っていたとのフィードバックを得る。
    今後の課題ショップからの発信を通し、地元商店街を盛り上げたい。
    町に貢献したい。

    経営計画策定を通してもともと持っていらっしゃる

    御社の特徴や強みを改めて皆で確認できます。

    経営の見える化についてご相談お待ちしています。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA