• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    町の床屋さんの事例です。

    名称 BARBER SHOP 加藤
    ホームページ等https://www.facebook.com/BARBERSHOP%E5%8A%A0%E8%97%A4-870777453062054/
    概要1946年現在の店主の祖父が開業
    現在の店主は別の店で修行後に事業承継。承継後12年経過
    顧客の大半は地元の常連客
    提供しているサービス 
    80%男性のカット、10%カラー・パーマなど特殊技術、10%女性カット、顔そりなど
    従業員数1名
    特徴、強み、機会 地元常連客を顧客基盤として持つ。
    店主は県理容組合の勉強会に参加し、ヘア・カウンセラー資格を取得している、 
    男女問わず、髪や頭皮に悩みを抱えている人が多い
     弱み、脅威少子化、地域の人口減による客数の減少
    顧客の幅が狭く、主要顧客である男性客の顧客単価が低い
    課題(機会の活用)1) 女性客掘り起こし
    2) 新メニュー追加による男性客単価の引き上げ
    実施内容事業計画書策定 
    ⇒店主の持つ技術面での強み
    =集客アピールポイントの明確化
    ⇒市場機会(お客の困りごと=髪や頭皮の悩み)の確認
    新サービス開発
    ヘッドスパ、ヘアトリートメントコース、女性向け顔そり+エステコース
    設備投資
    新サービス提供に必要な機械装置3台 
    計68万円の2/3の助成金獲得
    成果 口コミや女性限定特典付きサービス券発行による女性客の漸増
    今後の課題 直接競合他社(理容店)や周辺競合他社(美容室)未導入の新サービスによる新規顧客の増加
    高齢顧客に対する出張サービスの検討

    以上は、日本商工会議所さまから発行された「小規模事業者の経営計画作成・実践事例集」

    http://www.jcci.or.jp/chusho/2015.jizokuka.jirei.pdf

    に掲載されている事例を自分なりにまとめたものです。

    申請に当たっての経営計画書の作成を応援いたします。

    関心をお持ちの事業者の方からのご相談をお待ちしております。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA