• 大東、四條畷、生駒の中小企業経営を幅広く支援いたします。

    育児介護休業法を勉強していて見つけた言葉です。

    根拠条文: 育児介護休業法第29条

    実施者: 事業主 (規模要件なし)

    実施内容: 職業家庭両立推進者を定めるよう努める。(努力規定)

    厚生労働省のホームページでの案内
    http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130560.html

    厚生労働省による具体的内容
    http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/pamph/dl/02-58.pdf

    こにには、職業家庭両立推進者が行う業務が例示されています。

    また、推進者の選任要件として、1)経験 2)業務遂行の権限が示されており、
    人事課長の方以上の方を挙げています。

    実際には、会社として上記に挙げられて業務を推進する計画や実施部署などを決めた上で
    全体的な展開や進捗管理を推進者の方が無理なく行える体制づくり、

    もちろん、実施内容なども個々の企業の体力に即したむりのないものとすれば良いのだと考えます。

    以下のアドレスは厚生労働省による

    「子の養育又は家族介護を行い、又は行うこととなる労働者の職業生活と家庭生活との 両立が図られるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針 」です。

    http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000133908.pdf

    少し長文ですので、また改めて勉強しようと思います。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA